JSCの活動

  1. HOME >
  2. JSCの活動

活動内容


1)カイロ業界のリーダーとなる人材を育成する。。
2)国民に安心して治療と相談ができるカイロプラクティック治療院を提供する。

 この2つのスローガンを実現するために下記のような活動をしています。

1).盛業支援委員会 
 1.指定院の認定
 2.ホームページによる各院のPRおよびカイロの社会的啓蒙活動
 3.会員へのホームページ作成支援(会員ページ)
 4.インターン受け入れ制度
 5.患者向けパンフレット、小冊子の作成(会員ページ)

2).資質向上委員会
 1.日本カイロプラクティックセミナーの開催( .pdf / 947.2KB )
 2.各種セミナーの開催
 3.各支部セミナーの支援
 4.他団体との交流
   →提携団体:マニュアルメディスン研究会
 5.単位制度(会員ページ)
 6.学術委員会
   1)会員が発表した学術論文
   2)書籍紹介
    
3).情報提供委員会
 1.会報、メールマガジン"WITH YOU-JSCNEWS"の発行
 2.ホームページ、電子メールなどによる情報提供

4).会員保護委員会
 1.カイロプラクティック賠償保険(総合賠償責任保険)
 2.JSC所得補償保険
 3.法律相談(顧問弁護士・足立陽一郎)

組織内容


soziki

会  長:本会を代表し、会を統括する。
副 会 長:会長を補佐し、会長に事故ある時には、その職務を代行する。
会  計:本会の資産および財産を管理し、財務を処理する。
書  記:会長の指示に基づき、通知・通達文書および議事録を作成する。
理  事:会長の指示に基づき、会務を分担し、それを処理する。
監  査:必要に応じて会計監査を行い、総会において報告する。
代 議 員:各支部を代表して、本会と一般会員をつなぐパイプ役。
各種委員:本会の事業をより円滑に推進するために設置された各種委員会の構成員。
     尚、平成21年度における設置委員会は盛業支援・資質向上(学術)・
     情報提供(広報)・ 会員保護があります。

sosiki2

 日本カイロプラクティック師協会(JSC)は全国を網羅する7支部より構成されています。
 本部および支部活動を通じて会員が安心できる体制になっています。

提携団体とのネットワーク


teikei

 日本カイロプラクティック師協会(JSC)は、他のカイロプラクティック団体とも積極的に提携を模索し、カイロ業界全体のネットワーク構築を目指しています。



トップページに戻る